長篠城

ながしのじょう

ボランティア
ガイド

二つの川が合流する切り立った崖の上にたつ堅固な城

一五〇八年、築城。一五七五年には徳川方の奥平貞昌(信昌)が城主となる。「長篠の戦い」のとき、城内にいた兵はわずか五百。対する武田は一万五千で城を包囲したが、城を脱出し援軍を要請した足軽・鳥居強右衛門の活躍もあり、織田・徳川の援軍到着まで見事に耐え抜いた。
城の南にある牛渕橋から見ると、自然の地形をうまく利用した城だということがよくわかる。本丸には見事な堀と土塁が残り、見応えがある。かつての二の丸には長篠城址史跡保存館がたち、合戦の様子を伝えている。

所在地
〒441-1634 愛知県新城市長篠市場22-1
電話番号 0536-32-0162( 長篠城址史跡保存館)

関連スポット

  • 色金山歴史公園

    いろがねやまれきしこうえん

    尾張エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 大野城(愛西市)

    おおのじょう

    尾張エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 井伊直政 織田信雄 お城
  • 山崎城址

    やまざきじょうし

    西三河エリア 愛知の武将・姫 織田家 歴史観光スポット