大岡白山神社

おおおかはくさんじんじゃ

ボランティア
ガイド

松平清康(徳川家康の祖父)が造営し、家康が本殿を再建した神社。社伝では、718年の創建と伝えられる。1540年、尾張の織田信秀(信長の父)が三河へ侵入し、安城城を奪い取った(第1次安城合戦)。この戦いで松平軍は多数の戦死者を出すとともに、清康造営のこの神社を焼失した。1567年には家康が再建し、江戸時代には社領138石を寄進している。三間社流造の本殿は、安城市内最古の建造物。

所在地
〒446-0017 愛知県安城市大岡町宮東43
電話番号 0566-77-5711

関連スポット

  • 崇運寺

    そううんじ

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 西尾城

    にしおじょう

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 お城
  • 清須宿

    きよすしゅく

    尾張エリア 愛知の武将・姫 織田家 織田信雄 宿場町 美濃路の宿場町 歴史観光スポット