甚目寺観音

じもくじかんのん

ボランティア
ガイド

漁師である甚目龍麻呂が海中から聖観音菩薩を引き上げ、それを祀ったのが甚目寺観音の始まりとされます。 広い境内には重要文化財である南大門があり、その内部の仁王像(県指定文化財)は、福島正則が奉納したものです。江戸時代より尾張四観音のひとつとして知られ、当地域を代表する古刹であります。
所在地
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺東門前24番地
電話番号 052-442-3076

関連スポット

  • 知立古城跡

    ちりゅうこじょうあと

    西三河エリア 愛知の武将・姫 織田家 織田信長 歴史観光スポット
  • 長仙寺

    ちょうせんじ

    東三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 鳴海宿

    なるみしゅく

    名古屋エリア 愛知の武将・姫 織田家 織田信長 宿場町 東海道の宿場町 歴史観光スポット