設楽原古戦場跡

したらがはらこせんじょうあと

ボランティア
ガイド

大量の火縄銃が使われた日本初の戦い、最終決戦の地

騎馬戦を得意とする武田軍と新たな武器である火縄銃を巧みに使い勝利した織田・徳川連合軍。約百メートルにわたり再現された馬防柵越しに勝頼の本陣を望み、火縄銃での三段撃ちに向かってくる武田軍を想像しながらこの地に立てば、この戦いへの理解がさらに深まる。質量共に日本最大級を誇る火縄銃等を展示する設楽原歴史資料館へもぜひ訪れたい。当地で開催される「決戦場まつり」で披露される鉄砲隊による本格的な演武も必見。

所在地
〒441-1305 愛知県新城市竹広字信玄原552
電話番号 0536 -22-0673(新城市設楽原歴史資料館)

関連スポット

  • 岡崎城

    おかざきじょう

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 石川数正 お城
  • 八所神社

    はっしょじんじゃ

    尾張エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 歴史観光スポット
  • 本證寺

    ほんしょうじ

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 本多正信 徳川家康 歴史観光スポット