実相寺

じっそうじ

三河最古の臨済宗寺院で、足利(吉良)満氏が1271年に創建した吉良氏の菩提寺(ぼだいじ)で、三河臨済禅の中心として栄えました。開山の聖一(しょういち)国師(こくし)(円爾(えんに))は、禅文化としてこの地方に初めて茶をもたらしたといわれており、釈迦堂(県指定文化財)など多数の文化財を所蔵しています。
天正年間(1573~92)、実相寺の再興に家康の重臣鳥居元忠が尽力したようで、彼の墓といわれる石塔が境内墓所に遺っています。

所在地
〒445-0894 愛知県西尾市上町下屋敷15

関連スポット

  • 長谷寺

    ちょうこくじ

    東三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 歴史観光スポット
  • 大樹寺

    だいじゅじ

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 蟹江城

    かにえじょう

    尾張エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 井伊直政 織田信雄 お城