蟹江山 常楽寺 龍照院

かにえさん じょうらくじ りゅうしょういん

ボランティア
ガイド

常楽寺は、行基が天平5年(733)草創したとされる古寺。寿永元年に木曽義仲が再興し、七堂伽藍十八坊を有したという。しかし、天正12年(1854)の蟹江合戦で大部分が戦火に遭い、本尊の十一面観音立像(重文)と龍照院のみが残されたといい、蟹江合戦の激しさを伝える歴史を持つ。  境内には樹齢400年以上あるという町指定天然記念物のイチョウがあり、 「太閤お手植えの銀杏 」と伝えられ信仰の対象となっている。
所在地
〒497-0031 愛知県海部郡蟹江町大字須成字門屋敷上1364番地
電話番号 0567-95-2917

関連スポット

  • 松平東照宮

    まつだいらとうしょうぐう

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 正住院

    しょうじゅういん

    知多エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 荒子観音寺

    あらこかんのんじ

    名古屋エリア 愛知の武将・姫 前田利家 歴史観光スポット