松平東照宮

まつだいらとうしょうぐう

松平東照宮に現存する水濠や石垣は、松平太郎左衛門家九代尚栄によって関ヶ原の合戦のあと築かれました。はじめは、八幡宮と称して松平家の屋敷神でした。1619年(元和5年)家康を合祀しました。松平太郎左衛門家は、大正初期までこの地に居住しました。境内には松平家が代々産湯に用いたという産湯の井戸や、松平家に関する資料を紹介した松平郷館があります。 ※松平東照宮は国指定史跡松平氏遺跡です
所在地
〒444-2202 愛知県豊田市松平町赤原13
電話番号 0565-58-1621

関連スポット

  • 康全寺

    こうぜんじ

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 大高町八幡社

    おおだかちょうはちまんしゃ

    名古屋エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 八所明神 御器所八幡宮

    はっしょみょうじん  ごきそはちまんぐう

    名古屋エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット