松平城

まつだいらじょう

徳川家康の先祖・松平親氏の築城とされる。曲輪、竪堀、堀切などのほか、山腹には約四百メートルの空堀が残る。松平氏館跡、大給城等と共に国史跡に指定された。