二川宿

ふたがわしゅく

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、翌慶長6年(1601)から江戸と京都を結ぶ東海道に宿場を設置し、街道の整備を始めた。東海道五十三次といわれているが、この時同時に53箇所の宿場ができたわけではなく、最後の庄野宿ができたのは寛永元年(1624)。?東海道33番目の宿場 二川宿は、江戸時代の町割りが良く残されており、江戸時代の建造物である本陣・旅籠・商家が現存する全国で唯一の宿場。

所在地
〒441-3155 愛知県豊橋市二川町字中町65番地
電話番号 0532-41-8580

関連スポット

  • 鳳来山東照宮

    ほうらいさんとうしょうぐう

    東三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 徳川家康 歴史観光スポット
  • 徳興山 建中寺

    とっこうざん けんちゅうじ

    名古屋エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 歴史観光スポット
  • 夏目吉信の墓

    なつめよしのぶのはか

    西三河エリア 愛知の武将・姫 松平・徳川家 歴史観光スポット